列車情報アプリ

列車情報アプリ

24/03/2023

179

リアルタイム列車追跡システムのプロジェクトは、リアルタイムの列車追跡とスケジュール情報を提供し、駅への到着までの交通手段を統合することにより乗客の体験を向上させることを目的として立ち上げられました。プロジェクトチームは、既存のスケジュール情報システムとシームレスに連携する、カスタム列車追跡システムの設計と開発を担当しました。


成し遂げたこと

このシステムは、列車の場所や状況、駅に到着する方法やタイミング、遅延や欠航が発生した場合の通知など、リアルタイムの情報を乗客に提供しています。使いやすいモバイルアプリケーションにより、乗客は必要な情報に簡単にアクセスできます。リアルタイムの情報提供は、公共交通機関を利用する人々を増やすことを促し、環境と社会に大きな貢献をしております。

man holding a phone browsing for routes

主な成功例

2019年の導入以来、システムは問題なく稼働しており、重大なエラーは報告されていません。800万人を超える乗客に信頼できる列車情報を提供し、旅をよりスムーズかつ便利にしています。

プロジェクトは現在、メンテナンスフェーズに入っており、Appleストアで安定したバージョンが利用可能であり、パフォーマンスを最適化し、その他の不具合を修正するための定期的なパッチがリリースされています。

このシステムは、乗客の体験を効率化する上で大成功を収めました。私たちはその開発において役割を果たしたことを誇りに思っています。


技術スタック

  • Flutter / Dart – 洗練された使いやすいデザインで、アプリのフロントエンドインターフェースを構築するために使用されています。
  • GoLang – バックエンド開発に使用され、リアルタイムで列車を追跡するための堅牢でスケーラブルなソリューションを提供しています。
  • BigQuery – リアルタイム列車追跡情報の大量のデータのストアと分析に使用されています。
  • Google Calendar – アプリに統合され、ユーザーにリアルタイムの更新と通知を提供します。
  • Dynamic Link – アプリとGoogleカレンダーの間のシームレスなナビゲーションを提供するために使用されています。
  • Firestore – リアルタイムデータベースとして使用され、高速かつ信頼性の高いデータのストレージとリトリーブを提供しています。
  • AWS – クラウドインフラストラクチャとして使用され、どこからでもいつでもアプリにアクセスできるようになっています。

私たちの開発事例をもっと見るには、こちらをご覧ください!